ノルバスクによる降圧治療と食塩摂取による顔色の変化

ノルバスクは高血圧を抑えるカルシウム拮抗薬で、カルシウムの作用を抑えて心筋の収縮、拡張をやわらげたり、冠動脈の拡張を行うことで、狭心症、心筋梗塞の治療薬として使用されています。冠動脈や腎臓の血流量を増加させるだけでなく、末梢血管まで作用するため、心臓、脳、腎臓や手足の症状にも応用されることがあります。ノルバスクは高血圧の治療では、第一選択薬とされていますが、医師はどんな基準で決定しているかが問題となります。医師の中では治療薬が正しく適っているかが重視されるため、高血圧治療として「血圧を下げる」ことそのものに目的があります。つまり、いかに降圧作用を発揮する薬かが大切であり、その目的に見合った薬がノルバスクとなるのです。また人体に影響を及ぼす副作用が強いと選択肢から除外されることになりますが、ノルバスクの副作用は他のカルシウム拮抗薬の中で比較的少ないとされ、とくに合併症がない場合には有力な候補に挙げられます。カルシウム拮抗薬の中では比較的新しい薬ですが、ノルバスクが出る前までの治療薬は、急激な降圧効果により自律神経系などへの刺激を含めた副作用が問題となっていました。合併症やアレルギー症状、妊娠中の女性などには危険なため除外されますが、狭心症にも効果があることから、血流量を調節したい患者などに効果的なため処方されることが多いのです。またノルバスクの服用が1日1回で済むという特徴があり、血中濃度半減期が長く持続性があるのに加え、急激な血管拡張作用を示さず徐々に効果が広がっていきます。長期間の服用においても、安定した降圧効果、抗狭心症効果、忍容性が認められていて、医師の多くが第一選択薬としています。